”自分で自分の體を整える”

『ジムに行かないと』『筋トレしないと』

そう思っていませんか?

ジムに行かなくても筋トレしなくても

體(カラダ)は作れます。

心と體は繋がっています。

ほぐす×整える×補う

全て飛ばして”補う”を頑張ってしまっている人が多いです。

その前の”ほぐす”そして”整える”この2つが大切です。

そこで體に効くか効かないかが決まります。

闇雲に筋肉をつければいいと思っていませんか?

ただ筋肉をつけてしまうことはとっても高リスク。

筋肉は年齢と共に萎んでいきます。

その萎んだ筋肉は実は脂肪になってしまいます。

衰えた筋肉の隙間に空間ができそれがセルライトに。

むくみが出て毒素や老廃物が溜まってしまうのです。

どんなに太っていてもくびれはできます。

筋肉が固まっていると女性らしい曲線が出ず

もっと體が大きく見えてしまうのです。

お尻を無理に鍛えると脊椎などに負担がかかります。

ほぐして正しい骨盤の使い方・歩き方を意識すれば

お尻は必ず上向きに変化します。

まずは大切な2つのことから始めましょう。

”You are what you eat”

"食べたモノで體(カラダ)はできている"

痩せたい、引き締めたい、不調を改善したいなら

まず本物の調味料と食べ物を食べることが基本です。

運動よりもまず大切なことは食べ物とライフスタイル。

健康的な體を作るには體の仕組みに

合わせてあげることが近道です。

『體を変えたい!』健康になりたい!

そう思いながらコンビニやスーパーで

手軽に手に入る添加物盛り沢山の加工食品を

​選んでしまっていませんか?

カロリーは気にするのに

栄養素や化学物質を

気にしないのはなぜでしょう?

添加物や遺伝子組み換え食品や化学物質は

私たちが想像している以上に

脳や體、思考、メンタルに直結しています。

食べてすぐに不調が出る事が少ないので

知らぬ間に毎日少しづつ蓄積されて

コップの水が溢れるようにエラーが生じます。

だからこそ知った上で選択してほしい。

どんな作用があってどんなリスクがあるのかを。

まずはいつも口にしているモノに

どんなものが入っているのかを知りましょう。

"知らないで選択する"より"知っていて選択する"ことは

自分の體を大切にする上でとても大切です。

私たちの肉体は細胞分裂を繰り返しています。

どんな食べ物を食べて細胞分裂するのか

不自然なモノを摂り続けていたら

カラダに不調が発生するのは当たり前のことです。

だからなるべく知った上で納得して選びましょう。


企業が裏側を隠して皆さんに購入してもらおうと

良いイメージを宣伝しすぎている事が

危険だと私は感じています。

その反面、今はコンビニやスーパーでも

Veganのモノが買える時代になりました。

今のあなたの體は少なくとも3年前に

食べていたモノでできています。

今あなたが食べているものが

3年後のあなたの體を作っています。

食事制限や間違った情報を信じる前

まずはあなたの體を作り上げている

食べ物の正しい知識を身につけていきましょう。

IMG_1499.jpg

心も體も健やかに

正直に言うと私はダイエットが嫌いです。

体重を気にするのも嫌い。

私が私らしく心地よく生きられればそれで良い。

SNSで体重を公開することもあります。

それはなぜか?

体重という数字に囚われてほしくないから。

一般的には重いと言われる体重の私。

それをわざわざ公表する理由は

私のエゴ満載だけれど

『誰かのポジティブなモノゴトになったら』

『世の中の当たり前を当たり前にしたくない』

そんな気持ちで発信しています。

自分の骨格に合った

立体的な健康的な體で在りたい。

”バク転、側転がカッコよくできて

海の中にできるだけ潜っていられる心肺機能”

”子ども達と全力で遊んでも疲れない体力”

”やりたいと思った遊びができる運動能力”

”痛くて動けないにならない

柔らかくてしなやかな體”

”基礎代謝が高く免疫力が正常に機能する體”

”ジムに行かなくても日々の姿勢と

呼吸で引き締まる體”

”いつでも健康的な子どもが産める

子宮環境が整っている體”

この在りたい姿でいられれば

100kgあってもいい。

みんな一人ひとり違う骨格がある。

自分の骨格を活かした體づくりをしましょう。

現代はストレスを抱えずに生きていくことが

とても難しい世の中です。

仕事によるデスクワークや精神的なもので

いつの間にか呼吸が浅くなって

骨盤が締められなくなって

肋骨や肩甲骨が固まっちゃって

自分のカラダを支えてくれる骨格筋が動かせなくなって

アウターの筋肉がついて

痛みやむくみ太りなど不調が出てしまう。

自分の體を知りましょう。

コントローラーはあなたが自分で持っています。

みんな違ってみんな良い。

心を満たして體も満たして健康になって

あなたの好きなあなたを大切に。

IMG_0008.JPG